小海町
​Y邸

スノーボードのための家

以前から所有の別荘地をスノーボードの練習用にシンプルに建たい。

木を切り拓くところから

始まりました。

越樹木が大きく育ち予定地を覆いつくしていました。
日光が届くように、大雪等で樹木の枝が落ちて山荘に当たらないように等考慮し伐採工事をしました。 車が入れる道が無いため自社重機で道路を作り、完成後は一般車も入りやすいように砂利を敷き詰めました。

斜面の土地なので。

斜面のため、 地盤を強固にするための基礎

傾斜地に建設する場合には注意が必要でした。 地盤調査の結果で部分的に弱い地層が発見されたため、改良工事を御提案させていただきました。 表層改良、鋼管杭工法、柱状改良等の方法がある中、信頼性とコストを考慮し柱状改良を施工。 地盤改良工事終了後、基礎工事に取り掛からせていただきました。

悪天候でも。

この年は12月から冷え込みが厳しく、基礎工事は厳しいものになりそうでした。 そこで考えたのが現場全体をテントで覆ってしまう方法でした。 これで凍結・凍み上がりの危険はほぼ無く、作業員もあたたかな空間で作業でき毎日の養生・防寒の必要がなくなりました。 天候に左右されることなく作業でき、工程も予定通り進められます。

天然の木材を

ふんだんに使った。

加工済み・塗装済みの材料を仕入れて施工することもできますが、弊社工場で木材の加工~仕上げ塗装まで施しコストを削減。
お施主様の好みをできるだけ実現できるように努力しました。
また、基礎を少し高めに設定し地下部分を収納スペースとして有効利用。

できることは

できるだけする。

加工済み・塗装済みの材料を仕入れて施工することもできますが、弊社工場で木材の加工~仕上げ塗装まで施しコストを削減。 お施主様の好みをできるだけ実現できるように努力しました。 また、基礎を少し高めに設定し地下部分を収納スペースとして有効利用。

建築基準法を順守。

確認申請・歌詞保証制度・第三者検査機関等で耐震・防水・防蟻等調査。

​完成!

建物概要

A様山荘

〈敷地面積〉963.40㎡
〈建築面積〉53.36㎡
〈床面積〉1F:53㎡(16坪),2F:40.29㎡(12坪),合計:93.28㎡(28坪)

 
在来軸組木造2階建て

〈地盤調査〉スウェーデン式サウンディング試験,GL-1.0~1.5m粘性土,GL-1.5m~砂質土 
〈設置圧〉20kN/㎡
〈地盤改良〉湿式柱状地盤改良工事:29箇所
〈液状化マップによる液状化の可能性〉低い
〈ハザードマップによる土砂崩れの可能性〉該当なし
〈基礎形状〉ベタ基礎
〈屋根〉ガルバリウム鋼板一文字葺き
〈外壁〉杉板張り仕上げ
〈内壁・天井〉パイン羽目板仕上げ
〈2F〉無垢サワラ板t30本実加工
〈浴室〉ユニットバス
〈暖房〉ペレットストーブ・エアコン
〈窓〉LIXIL サーモス
〈断熱材〉壁:天井,グラスウール,t100,24k相当/床:押出発砲ポリスチレン板3種t100

SINCE1972

Copyright ©️ なかじま建築  All rights reserved.

top_01-min